【食の多様性】ヴィーガンとは?ベジタリアンの種類|ハラルとコーシャ

海外トピックス

多国籍の人々が集まって暮らす国へ行くと、食の多様性には本当に驚くことばかりです。

私がオーストラリアのラーメン屋さんでアルバイトをしていた時、ベジタリアン(菜食主義者)のお客さん向けのスープというものがありました。ベジタリアンの人の中には、牛骨や豚骨はもちろん、鰹や鰯などの魚で出汁を取ったスープも食べられない人もいるからです。

「お肉を食べない人=ベジタリアン」だと思っていた私は後になって、ベジタリアンと一口に言っても色々な種類があるということを知りました。

多国籍の国では大抵どこのレストランにもベジタリアン用のメニューがあって、中にはハラル(ハラール)やコーシャ(コーシャー)という宗教上の食事のルールに対応しているお店も。

知っておきたい食の多様性についてまとめてみたいと思います。

ベジタリアンの種類(7種類)

乳製品はちみつ
ベジタリアン/ラクト・オヴォ・ベジタリアン
(Vegetarian/Lacto-Ovo Vegetarians)
××
フレキシタリアン(Flexitarian)
ペスカタリアン(Pescatarian)×
ラクト・ベジタリアン(Lacto-Vegetarians)×××
オヴォ・ベジタリアン(Ovo-Vegetarians)×××
ヴィーガン( Vegans)×××××
ロウ・ヴィーガン(Raw Vegans)×××××

ベジタリアン/ラクト・オヴォ・ベジタリアン(Vegetarian/Lacto-Ovo Vegetarians)

肉や魚を一切食べませんが、卵や乳製品を摂取することができます。肉や魚に含まれるタンパク質を摂取できない代わりに、高タンパクである卵やレンズ豆などを摂取することができるので長く続けやすいと言われています。

欧米で最も一般的なベジタリアンのタイプがこれに当たります。

フレキシタリアン(Flexitarian)

主食は野菜ですが、食べたい時は肉や魚も、何でも食べて良しとされています。ベジタリアンの中では一番制限が少ないタイプです。

ペスカタリアン(Pescatarian)

卵や乳製品と一緒に、魚も食べるベジタリアンです。魚を食べることができると、脳に良いとされるオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)や、カルシウム、タウリンなどの栄養素を摂取することができます。

ラクト・ベジタリアン(Lacto-Vegetarians)

肉・魚・卵は食べませんが、乳製品は食べます。インドではヒンズー教は卵や卵製品を動物とみなしているため、ベジタリアンといえば、ラクト・ベジタリアンになります。

オヴォ・ベジタリアン(Ovo-Vegetarians)

肉・魚・乳製品は食べませんが、卵や卵製品は食べます。乳糖不耐症のベジタリアンは、この方法で食べることを選択することができます。

ヴィーガン( Vegans)

動物由来のものを含むすべての動物製品を摂取しません。はちみつ、白砂糖(製造の過程で「骨炭」とよばれる畜産物の骨を焼いて炭にしたものを使用するため)、ゼラチンなどもNGです。

また、革や毛皮の商品を着用することもありません。

ロウ・ヴィーガン(Raw Vegans)

食事の制限はヴィーガンと同じですが、Raw(生の、という意味)がついているだけに、食材を生で食べます。加熱することもありますが、その場合は野菜の酵素やビタミンを破壊しないよう48℃以下の低温で加熱調理します。

ベジタリアンの中では一番制限の多いタイプです。

ayuciel
ayuciel

ベジタリアンになる理由はダイエットや健康目的、思想的なもの、宗教的なものなど様々です。フルーツやナッツ類のみを食べるフルータリアンというものもあるんですよ。

アメリカの大手ドーナツチェーン、クリスピークリームではヴィーガン用のドーナツ3種の発売を開始するようです。食の多様性への対応が進んできていますね。

ハラル(ハラール)とコーシャ(コーシャー)

ハラルとコーシャは、どちらも宗教のルールで「食べるものが許されているもの」のことを言います。詳しくみていきましょう。

ハラル(ハラール、Halal)

ハラル(ハラール)はアラビア語で「許可されたもの」を意味し、イスラム教徒が食べてもOKな食べ物の事です。逆に、ハラム(ハラーム)は「許可されていないもの」、すなわち食べることが禁止されていることを意味します。

イスラム教徒の多い国・・・パキスタン、インドネシア、インド など

豚肉が禁止されている他、牙を持つ肉食動物(犬、狼、ライオンなど)、大きなかぎ爪を持つ鳥(鷲など)も禁止されています。

食べる為の動物の殺害は神聖な行為とみなされ、神(アッラー)を呼び出し、ハラルプロセスという特別な方法で行われます。ハラルプロセスには次のような決まりがあります。

・動物が苦しまないよう切断は1回で済ませる

・脊髄を切断してはならない

・屠殺前は動物を丁寧に扱う

ayuciel
ayuciel

動物への敬意が感じられますね。

食品や製品にハラムの物質や成分が含まれなければ、ハラルとみなされます。(豚肉以外にはアルコールも禁止)

それらはイスラム法に従って浄化された調理器具、機器、機械によって製造または保管する必要があるほか、製品の生産から保管までの間、ハラム物質と接触したり、近くにいたりしてはいけません。

コーシャ(コーシャー、Kosher)

ユダヤ教の資格を持ったラバイ(ユダヤ教の指導者)が製造工程をその目で確かめ、ユダヤ教の教義に従い、清浄で安全な食品であるという認定を行った食べ物の事です。

コーシャの認定を受けた食品は高品質であることからユダヤ教徒以外の人々からも需要があり、アメリカのスーパーなどでは簡単に手に入れることができます。

コーシャの規定は、ハラルよりも複雑です。

蹄が割れている、かつ、一旦胃に取り込んだ餌を再び口に戻して噛んで食べる動物(牛、羊、山羊、鹿など) はOK。(豚は蹄が割れているが、最初から噛んで食べるためNG)
乳製品コーシャ認定の動物によるものであればOK。(ただし、牛の胃などから来るレンネットと呼ばれる酵素が含まれたチーズはNG)
ヒレと鱗の両方を持っている魚はOK。(うなぎ、貝、蟹、エビはNG)
野菜や果物新鮮な野菜は虫がついていないものならOK。(缶詰や冷凍食品は、コーシャ以外の機器や食材を使用して処理された場合NG)
ワインラバイ(ユダヤ教の指導者)により、厳格な審査に合格したもののみOK

その他にも、牛乳と肉製品を同時に食べたり、同じ皿に入れたり、同じ道具で調理したり食べたりすることはできません。また、肉を食べた後に牛乳を飲むのに一定時間を空ける必要があり、その逆もまた同様です。

コーシャ認定を受けた食品は、食品添加物さえ、そのひとつひとつが厳しい規制を満たしています。特定の食品にアレルギーがある人にはいいかもしれません。

さいごに

ベジタリアンの種類と、ハラル・コーシャについて纏めました。

ちなみに、ベジタリアンと聞くとスリムな体型の人をイメージしがちですが、私のインド人のルームメイトは乳製品と甘い物の食べ過ぎでとってもふくよかでした(笑)

宗教や食の好み、考え方は人それぞれ。周りにベジタリアン、あるいはハラル・コーシャの食品を食べる人がいたら尊重してあげたいなと思います。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 【場面別おうち英語フレーズ】火山のしくみを英語で説明してみる

  2. 【場面別おうち英語フレーズ】自転車の乗り方を英語で説明してみる

  3. 【オンライン英会話は続かない?】憂鬱なレッスンを変える4つのコツ

ayuciel

ayuciel

ワーホリ経験(オーストラリア・カナダ)のある元留学カウンセラーで、子ども英会話教室の現役講師。海外の文化、英語学習、日本にいながらバイリンガルを育成するための「おうち英語」など、様々なトピックスを発信中。双子男児を育てる傍ら「Wiser Than Yesterday(昨日より賢く)」をモットーに、大人になっても学び続ける姿勢を大切にしています。

TOP